​国語的算数教室について

- Math -

玉井式国語的算数教室®では

公式を知らなくても解き方が思いつく!

算数的思考力を育てます。

『玉井式国語的算数教室®』は公式や解き方を教える前に、問題の意味や内容を考える学習スタイルです。

公式ありきの勉強法では公式を忘れてしまったら計算ができなくなってしまいますが、問題の内容を頭の中でイメージ化して勉強する玉井式なら、公式や解き方を知らなくても、自分で公式や解き方を生み出す思考力を育てることができます。

やり方を習う前に「なぜそうなるのか」を考えさせるのが玉井式。

子どもたちは早く答えを出すことにこだわるのではなく、自分で図や式をたくさん書き、試行錯誤を繰り返しながら、段々と思考力を身につけていきます。

図形.jpg

公式を生み出すときに必要とされる3つの力

01

​国語力(読解力)

​問題の内容を

正しく理解する

02

​イメージング力

理解した内容を

頭の中でイメージする

03

​算数的思考力

​計算式を

​組み立てる

玉井式国語的算数教室®はこの3つの力が自然に身につくように開発された算数教材です。

「【映像】を見て解く」から「【文章】を読んで解く」という段階を無理なく積み重ねていくことで、イメージング力を土台とした国語力(読解力)が育ち、同時に算数的思考力が身につきます。算数は公式や解き方を丸覚えする暗記科目ではありません。

なぜそうなるのか、という試行錯誤の末、自ら解き方を習得すべき科目なのです。

3つが揃えば公式は不要!

​さらに全科目の学力が大幅にアップ!

​図形の極について

- Shape -

 
 
図形の極ロゴ_エンジ_1500.png

公式に頼らない図形脳を育てる
『玉井式図形の極®』

学校の授業でも、中学入試の学習でも、多くの子どもたちの悩みの種となる「図形」の問題。そんな図形を苦手とする子どもたちに共通しているのは、図形を頭の中でイメージ化できていないことです。

 

図形問題を解くために最も必要なカは、図形を頭の中でイメージ化する「イメージングカ」です。図形のイメージングカがないと、平⾯に描かれた図を立体化することができませんし、立体を切り開いて平⾯図にしたときに、どことどこがつながるのかもわかりません。

 

ですが頭の中で図形を組み立てることができれば、図形問題は⼀気に簡単になります。

そんな図形のイメージングカを鍛えるのが『玉井式図形の極®』。

図形を頭の中でイメージしながら組み立てる習慣を積み重ねて、公式に頼らない図形脳を育てていく図形専門カリキュラムです。

 

⿊板やテキストを使った説明では理解しにくい立体図形・回転体・展開図だからこそ、映像による解説で子どもたちの理解を深めていく『玉井式図形の極®』は、無理なく図形を得意分野に変えていくことができます。しかも映像教材には図形が楽しくなる⼯夫も満載です。

幾何学図形

​国語的理科教室について

- Science -

 

知識を覚える理科ではなくなぜ?を考え、
答えを『書いて』表現する理科を学びます。

人は何かを考えるとき、「おや?」と疑問からスタートし、「どれどれ?」と考える時間が長ければ長いほど、答えにたどり着いたときに「なるほど」と感動が大きくなり、知恵として身につきます。しかし理科の教材の多くは答えを覚える暗記形式であり、考える時間を節約しているため、考える力が育たないばかりか、やがて答えすらも忘れてしまうのです。

だから 玉井式国語的理科教室®は 自分で考え、答えを『書いて』表現する力を 育てます。 「おや?」「どれどれ?」「なるほど」と考えて学んだことは記憶として残り、頭の中に新しい考えの回路ができます。問題の内容を理解し、頭の中でイメージ化して、論理的にものごとを考え、それを書いて表現することができるようになる。それが国語的理科の特徴です。

ジオメトリツール
img01.png